Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

知っておきたい貴金属の造幣局刻印(ホールマーク)

知っておきたい貴金属の造幣局刻印(ホールマーク)

ネックレスやリングなどの貴金属製品に「造幣局刻印」というのをたまに見かけますが、これって何だろう?と思った方もいらっしゃると思います。

造幣局刻印は、造幣局が貴金属の成分検査をして、どんな金属を使っているか、その金属の割合はどれぐらいかを、直接貴金属に刻印をしている製品なのです。

造幣局が証明しているので、刻印を見ただけで信頼のおける貴金属製品と確認できます。

貴金属の刻印

金やプラチナや銀の貴金属製品には、目立たないところに刻印がされています。

K18やpt850やSIL900など、それぞれ金属の種類と金属の純度を表しています。

有名ブランドなら、メーカー名を刻印している貴金属もあります。

たまに、日本の国旗マークと一緒に、数字が刻印されている貴金属製品がありますが、これは造幣局刻印でホールマークともいいます。

この造幣局刻印は、すべての貴金属製品にはついていなく、ひとつの貴金属に対して検査して刻印証明しています。

造幣局刻印のない、K18やpt850やSIL900などの刻印だけの貴金属製品は、信頼できないということではなく、ちゃんとした貴金属製品ですので安心してください。
もし、万が一K18と刻印されているのに、金が65%しかなかったらその貴金属は偽りのK18になります。

ちなみにK18は金の割合が75%です。

造幣局刻印

造幣局刻印は、独立行政法人 造幣局が貴金属製品を検査して刻印をします。

造幣局というと、日本の通貨である硬貨(1円~500円)を作っているところで、硬貨の製造以外にも勲章や褒章も作っています。

造幣事業のひとつとして、試験検定事業をしているのですが、ここでは貴金属製品の検査と証明をしているのです。

貴金属製品に刻印されている、日本の国旗と隣の数字が造幣局刻印(ホールマーク)と言われています。

造幣局刻印(ホールマーク)

金や銀の場合は、「日本の国旗マーク」と「菱形で囲まれた数字」の刻印ですが、プラチナの場合は、「四角で囲まれたPt」の文字が刻印されています。

これは、貴金属の見た目が、銀かプラチナか見分けがつかないので「Pt」の刻印で分かるようにしているのです。

こうして造幣局刻印された貴金属は、公的で第三者の造幣局が貴金属製品の検査をして、合格したものだけに刻印をして証明されているので、その貴金属製品自体の信頼性が非常に高いです。

ネックレスなどを買うときも、造幣局刻印があればプロでなくてもすぐに判別できますし、買取りしてもらうときも、貴金属製品の信頼性が高いので見積額がよくなるようです。

ただし、貴金属製品の検査・証明には当然手数料が掛かりますので、ネックレスやリングを買うときも割高になってしまいます。

「接合している塊に付きひとつの刻印」になりますので、リングであればひとつの刻印なので少しの割高で済みますが、ネックレスの場合、構成されている部品がチェーンやペンダント部分と多いので、すべてに造幣局刻印があると結構な金額になってしまいます。

 

まとめ

造幣局刻印がある貴金属は、金属の種類と割合が間違いないので、信頼性が高く安心してお買い物ができます。

もちろん造幣局刻印がなくても、安心してお買い物ができます。

なぜなら、詐欺目的で偽りの貴金属を販売していたとすると、すぐに口コミで「あやしい」とささやかれて客足が遠のき、お店をたたむことになりますから。

ですので、みなさんは安心してお買い物を楽しんでください。

ステキなネックレスやピアスやリングを見つけたら、よーく見て造幣局刻印があればラッキー程度に思ったほうがいいでしょう。

造幣局刻印目当てで貴金属を探すと、結構な手間になりますし、ステキな貴金属を見逃してしまうこともありますよ。

ちなみに「ホールマーク」の語源は、14世紀ごろのイギリスで、貴金属の検査と刻印証明をしていたのですが、会館(ホール)で証明刻印(マーク)をしていたことから、ホールマークとなったようです。

オススメのアクセサリーショップ

造幣局刻印入りプラチナネックレス

ダイヤモンドネックレスプラチナダイヤモンドネックレスを販売しているネットショップです。大切な方へプレゼントするのに最適なケース付きのプラチナダイヤネックレスがあります。鑑定書付きや鑑別書付きのダイヤネックレスや、Excellent~Goodカットの高品質で無色のダイヤも選べます。一粒タイプのプラチナダイヤモンドネックレスが多く揃っています。

詳細はコチラ

スポンサードリンク

ダイヤモンドの人気記事も併せてどうぞ

ページトップへ戻る