Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

婚約指輪(エンゲージリング)の賢い選び方

婚約指輪(エンゲージリング)の賢い選び方

結婚や婚約が決まったら、婚約指輪選びになると思いますが、婚約指輪ってどうやって選んだらいいのか迷ってしまいます。

一般的には、ダイヤモンドのリングを婚約指輪にしますが、選ぶときは予算、ダイヤモンドの大きさ、品質の優先順位で選ぶのがいいでしょう。

 

婚約指輪は給料の3か月分?

バブル期ではTVコマーシャルで「婚約指輪は給料の3か月分」と宣伝していましたが、それは昔のことです。

今は婚約指輪に予算をかけるより、披露宴や新婚旅行や今後の新生活の準備などに、お金をかけたいという方が多いのです。

ですので、20万円~30万円ぐらいの婚約指輪に人気があります。

逆に予算があるのであれば、30万円以上の婚約指輪を選ぶといいでしょう。

それこそ、給料の3か月分ぐらい用意できれば、無色で透明度が高くて優れたカットの高評価ダイヤモンドを使った婚約指輪がいいでしょう。

輝きが素晴らしく存在感があるのでとってもステキで大満足な婚約指輪になります。

あまり予算をかけられない方も実際多いので、出せる範囲でいいと思います。

ダイヤモンドは女性の憧れですから、値段の問題ではないという、優しい心の女性もいらっしゃいますから。

 

ダイヤモンドの大きさ(重さ)

ダイヤモンドの大きさ(重さ)は「カラット」で表します。

婚約指輪のカラット数は0.2ct~0.4ctぐらいが人気です。

大きすぎず小さすぎないのが、0.2ct~0.4ctの大きさなのですが、婚約指輪に使われているダイヤモンドは、無色で透明度が高くてカットが優れていて内包物が極めて少ない高評価なものが多いのです。

予算で考えると、0.2ct~0.4ctぐらいのダイヤモンドになってしまう、ということが多いのです。

将来的に考えると、ダイヤモンドは大きめがいいです。
なぜかというと、40代ぐらいになるとダイヤモンドが少し小さく感じてしまい、もうちょっと大きいダイヤモンドがよかったなという印象になるからです。

もし予算に余裕があるのであれば、少し大きめのダイヤモンドを選ぶことをオススメします。

 

ダイヤモンドの品質

ダイヤモンドの評価として、ダイヤモンドの4Cである「カット」「カラット」「クラリティー」「カラー」があります。

婚約指輪に使うダイヤモンドは「永遠の愛を誓う」ことから、無色透明なカラー、キレイに輝くカット、内包物がごく少ないクラリティのダイヤモンドが好んで選ばれます。

つまり、ダイヤモンドの4Cで高評価なダイヤモンドが婚約指輪に使われます。

ダイヤモンドの4Cがわからない方は、過去記事の【ダイヤモンドの4Cとは?】で確認してみてください。

すべて最高の評価のダイヤモンドが、婚約指輪にはふさわしいのですが、そこまでこだわってしまうと、とても高額になってしまいます。

ですので、ダイヤモンドの4Cに優先順位をつけるといいでしょう。

  1. カット
  2. カラー
  3. クラリティー

「カット」は、ダイヤモンドの輝きに一番影響する評価ですので、婚約指輪を選ぶときは最上級の評価である「Excellent」がいいでしょう。
Excellentカットは、一番輝くダイヤモンドになります。

予算の範囲を超えてしまう場合は、「VeryGood」でもいいです。

もし、予算に余裕があれば「トリプルエクセレント」や「ハート&キューピッド」のすばらしいダイヤモンドを選びましょう。

「カラー」は無色の「Hカラー」以上がオススメ。「クラリティー」は「SI」以上にしましょう。

カラーが「Hカラー」であれば、肉眼でみても無色ですし、比較するダイヤモンドがなければキレイな透明に見えます。

クラリティーが「SIクラス」であれば、肉眼でダイヤモンドをよーく見ても、内包物は見えませんので充分クリアなのです。

予算に余裕があれば、カラーは「Gカラー」「Fカラー」「Eカラー」「Dカラー」と無色透明に評価を上げていけばいいですし、クラリティーは「VS」「VVS」「IF」「FL」と評価を上げていけばいいでしょう。

 

婚約指輪の貴金属

ダイヤモンドの選び方はご理解できましたでしょうか?
次は、婚約指輪のリング部の素材についてお伝えします。

永遠の愛の証である婚約指輪なので、リングの貴金属も長年変色しなくて、頑丈な素材がふさわしいでしょう。

婚約指輪は、一般的にはプラチナ素材を使っています。

白く輝くプラチナリングが無色のダイヤモンドの輝きを引き立てるので相性がいいのです。
変色しにくく、丈夫なのでプラチナが好んで選ばれます。

プラチナ含有量の違いで、「Pt900」や「Pt850」などがあり、数字が多ければプラチナの含有量が多くなります。

「Pt900」でプラチナが90%、「Pt850」でプラチナが85%という感じです。

Pt850以上であれば婚約指輪として充分でしょう。

 

まとめ

婚約指輪は、結婚を約束する証として女性に贈るものですが、無理をしてローンを組んで購入してしまうと、新しい生活に支障がでてしまいます。

無理のない範囲内で婚約指輪を選んでください。

余裕のある方は存分に予算を当ててください。
とても素晴らしい婚約指輪をプレゼントできます。

逆にあまり予算がない方は、ファッションリングという手もあります。
ちゃんとしたダイヤモンドなのですが、評価が低めの低価格ダイヤモンドリングがあります。

今回は婚約指輪の選び方として、予算、ダイヤモンドの大きさ、ダイヤモンドの品質で選ぶことをお伝えしましたが、デザインも大事なことですね。

今はメインのダイヤモンド一石とリング部に小さなメレダイヤが付いたデザインがステキな婚約指輪です。

スタンダードなデザインではエタニティタイプもあります。

ステキなデザインはその時々で変わってくるので参考程度にしてください。

贈られる女性においては、ブランドにこだわったりダイヤモンドの大きさにこだわったり、人それぞれです。

男性においては、婚約指輪を購入する前に彼女の好みを知っておいたり、一緒に店舗に行ったりネットショップの画面を見たりするといいでしょう。

女性の好みを把握した上で、価格とダイヤモンドの大きさと品質を決めると、ベストな婚約指輪を選ぶことができます。

厳選!婚約指輪の専門店

エンゲージリング専門店

エンゲージ&マリッジリングエンゲージ&マリッジリングを専門に販売しているネットショップです。Dカラー、エクセレントカットのエンゲージリングが多数あります。普段使えるマリッジリングもあります。鑑定書・鑑別書付きのダイヤモンドリングで安心感があります。ギフトラッピングできる商品も多数あります。

詳細はコチラ

婚約指輪の人気記事も併せてどうぞ

ページトップへ戻る