Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ダイヤモンドのハート&キューピッド

ダイヤモンドのハート&キューピッド

ダイヤモンドの「ハート&キューピッド」や、「ハート&アロー」というのを聞いたことがあると思います。

ダイヤモンドのカットがいいので、特殊なスコープで覗くと、左右上下対称のハートや矢の形が見えるのです。

ハートの形と矢の形から、「ハート&キューピッド」とか「ハート&アロー」と呼ばれています。

ハートはそのまま「ハート」の意味ですが、矢は英語で「アロー」です。

じゃあキューピッドは?となってしまいますが、キューピッドは相手の心を射止める「矢」を持っていますね。

その縁起のいい形状から、婚約指輪のダイヤモンドに多く使われているのも納得できます。

ハート&キューピッド

ハートと矢の形が、特殊なスコープ(ジェムスコープ)で確認できるのが、「ハート&キューピッド」といいますが、実は鑑定機関によって言い方が違うのをご存知でしょうか。

「ハート&キューピッド」で商標登録しているCGL(中央宝石研究所)、「H&A(ハート&アロー)」はGIA(米国宝石学会)、「華標(はなしるべ)」はAGT(AGTジェムラボラトリー)と、それぞれ言い方は違いますが、すべて同じことを示しています。

ハート&キューピッドを証明するのは、鑑定書や鑑定書のサブレポートやソーティングメモに記載されています。

CGL(中央宝石研究所)とAGT(AGTジェムラボラトリー)は、それぞれ鑑定して発行する鑑定書がありますが、その鑑定書のサブレポートがあります。

サブレポートには、ハート&キューピッドの画像がプリントされているので、特殊なスコープでダイヤモンドを見なくても、ハートの形と矢の形がひと目でわかります。

また、鑑定書のサブレポートがなくても、ソーティングメモでも確認できます。

GIA(米国宝石学会)が鑑定して発行する鑑定書には、Inscriptionの項目に「H&A」と記載されているのがハート&アローの証です。

そして、ダイヤモンドのフチに、レーザーで刻印された鑑定書番号と一緒にH&Aの刻印もされています。
ですので、万が一、盗難に遭っても、照らし合わせることができます。

ハート&キューピッドが現れるダイヤモンドは、ラウンドブリリアントカットだけで見られるものです。

ラウンドブリリアントカットは58面あるのですが、すべての面が左右上下対称で正確にカットしていないと、ハート&キューピッドは現れません。

ダイヤモンドを特殊なスコープで下から見たときに現れるのが「ハート」で、上から見たときに現れるのが「矢」になります。
ですので、ダイヤモンドが裸石(ルース)の状態でないと見ることはできません。

カットグレードが最高とは限らない

ハート&キューピッドは、ダイヤモンドを正確にカットしていないと現れないのですが、カットグレードが最高の「Excellent」でなくてもハート&キューピッドは現れます。

例えば、ダイヤモンドの尖っている部分が長すぎたり、短すぎたりしてもハート&キューピッドは現れますし、ダイヤモンドが少し楕円であっても現れます。

ということは、カットグレードが「Very Good」や「Good」であってもハート&キューピッドが現れるのです。

ダイヤモンドの「Cut」とは、ダイヤモンドの形や仕上げの研磨のことを評価しているので、ハート&キューピッドとは別なのです。

 

まとめ

ハート&キューピッドが現れるダイヤモンドって、とっても素敵ですね!
婚約指輪に使われるのも、うなづけます。

でも価格が少し高いのがネックなんです。

それはハート&キューピッドが人気があるということと、鑑定書とサブレポートが付いているからなんです。

鑑定書が付いているだけで数万円高くなるので、しょうがないですね。

ダイヤモンドの輝きを一番と考えるなら、同じ価格でカットグレードが高いダイヤモンドを選ぶというのもいいでしょう。

ハート&キューピッドのダイヤモンドだからいい!と飛びつかないで、冷静に判断しましょう。

厳選!ハート&キューピッドのアクセサリーショップ

H&C のプラチナダイヤモンドネックレス

ダイヤモンドネックレスハート&キューピッドのプラチナダイヤモンドネックレスを販売しているネットショップです。鑑定書付きや鑑別書付きのダイヤネックレスや、Excellent~Goodカットの高品質で無色のダイヤも選べます。一粒タイプのプラチナダイヤモンドネックレスが多く揃っています。大きさ別、価格別に区分けされているので選びやすいです。

詳細はコチラ

スポンサードリンク

ダイヤモンドの人気記事も併せてどうぞ

ページトップへ戻る