Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

あずきチェーンと喜平チェーンのネックレスの選び方

あずきチェーンと喜平チェーンのネックレスの選び方

ダイヤモンドネックレスを選ぶとき、チェーンにも目を向けてみましょう。
チェーンのデザインや素材が違うと、見た目の印象もずいぶんと変わってきます。

チェーンにはいくつか種類がありますが、今回はチェーンのなかでもスタンダードで人気のある「あずきチェーン」と「喜平チェーン」についてお話しします。

あずき(小豆)チェーン

あずきチェーン

あずきチェーンは、小さな輪がたくさん連結されたスタンダードなデザインのチェーンです。

小さな輪ひとつひとつが、あずきの形に似ていることから、あずきチェーンと呼ばれています。
ケーブルチェーンと言うこともあります。

ひとつひとつの輪をよく見ると、円形や楕円形で、そのまま連結されているので前を向いている輪と横を向いている輪が交互に連なっています。

流行に流されないスタンダードなあずきチェーンは、世代を問わず着けることができますし、着けていく場所や洋服も選びませんので、普段使いでもいいですし、フォーマルな場所や会社でも使えます。

また、どんなデザインのダイヤモンドとも相性抜群です。

ただし、強度に関しては少し弱いので乱暴に扱ったり、引っ張ったりするとチェーンが切れやすいです。

チェーンが太ければ比較的丈夫なのですが、ダイヤモンドネックレスのような、女性用のネックレスに使われているチェーンは細めなので、引っ張ったり乱暴に扱わないように気をつけましょう。

もしも、あずきチェーンが切れてしまっても、他のチェーンよりチェーンの構造が複雑ではないので比較的修理しやすいです。
あずきチェーンならではの安心感があります。

喜平(きへい)チェーン

喜平チェーン

喜平チェーンは、あずきチェーンのように小さな輪が連結されたチェーンですが、ひとつひとつの輪が90度ひねった形になっています。

あずきチェーンと同じく、スタンダードなデザインなので人気があります。

小さな輪をひねっているので、連結したチェーンの状態では、ひとつひとつの輪がすべて前を向いているように見え、平たい感じのチェーンの印象があります。

スタンダードで飽きないデザインなので人気があります。
世代を問わず似合いますし、着けていく場所や洋服も選びません。
普段使いにもピッタリですし、オシャレしてお出かけしたり、会社に着けていってもお似合いです。
もちろんダイヤモンドとの相性は抜群です。

太めの喜平チェーンは、男性に人気があります。
ごつい感じの印象がありますし、重厚感が好まれるのでしょう。

 

その他には、ウォレットチェーンに使われていたり、さまざまなアイテムに使われています。

強度は、あずきチェーンより喜平チェーンの方が強いです。

接着面が多いので、重量が掛かっても力が分散されるので、あずきチェーンよりは強度があるのです。

もし、喜平チェーンが切れたとしても、修理できるので安心して使うことができます。

 

まとめ

ネックレスのチェーンが違うと、印象が結構違いますね。

特にダイヤモンドネックレスになると、ダイヤモンドにしか目が行かないので、チェーンの種類まではチェックしない方も多いのではないでしょうか?

ダイヤモンドネックレスを選ぶときに、あずきチェーンがいいか、喜平チェーンがいいかは好みがあるのでなんとも言えませんが、強度重視であれば喜平チェーンがいいですし、普段使いのダイヤモンドネックレスなら、ダイヤモンドの輝きを邪魔しない、控えめで女性的なフォルムのあずきチェーンがいいと思います。

女性ではじめてのダイヤモンドネックレスということであれば、あずきチェーンがオススメです。

着けていく場所や洋服を選ばないので、あずきチェーンのネックレスを1つ持っていればマルチに活躍できます。

チェーンの素材や色は、プラチナが一番オススメです。

白っぽい輝きがダイヤモンドを引き立てますし、どんな色の洋服にも合いますし、変色の心配もなくアレルギーも出にくいのでオススメです。

人気のあずきチェーンがいっぱい!

あずきチェーンのダイヤモンドネックレス

ダイヤモンドネックレスプラチナダイヤモンドネックレスを販売しているネットショップです。オーソドックスなあずきチェーンがたくさんあります。鑑定書付きや鑑別書付きのダイヤネックレスや、Excellent~Goodカットの高品質で無色のダイヤも選べます。

詳細はコチラ

スポンサードリンク

ダイヤモンドネックレスの人気記事も併せてどうぞ

ページトップへ戻る