Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ダイヤモンドピアスの種類を全部紹介

0.3ctダイヤモンドピアス 売れ筋7選

ダイヤモンドピアスには、様々な種類があるのをご存知でしょうか?

ダイヤモンドピアスを着けたいなぁと思って、想像するデザインは人それぞれだと思います。

代表的でスタンダードなデザインは、一粒ダイヤモンドタイプです。
とっても人気があり、年齢を問わずに着けられるので人気のデザインです。

ここでは、ピアスの種類を画像を交えてわかりやすく説明しますので、ダイヤモンドピアスを選ぶときの参考にしてください。

スタッドピアス

スタッドピアス

スタッドピアスの「スタッド」とは「杭(くい)」や「鋲(びょう)」の意味です。

ピアスのポスト部分(耳に通る部分)がまっすぐになっていて、キャッチ(留め具)で固定するタイプを「スタッドピアス」といいます。

ダイヤモンドを留める爪の本数や爪の形は関係なく、ポスト部分がストレート形状で、キャッチを使って耳たぶを挟むタイプです。

ストレート形状のポストは装着もしやすく、耳のピアスホールの負担も小さいです。

ピアスのスタンダードな形なので、「ファーストピアス」(初めてのピアス)としても人気があります。

とてもシンプルなので、ダイヤモンドの持つ本来の輝きや美しさを最大限に引き出すことができます。

派手すぎずさり気ないのに存在感があるので、普段使いや披露宴やデートなど、あらゆるところに着けていけるので、「ダイヤモンドピアスならスタッドピアスが好き」という方も多いです。

フックピアス

フックピアス

ポストが釣り針のような形のフックをしていることから、フックピアスといいます。
ポストをピアスホールに通すだけで着けられるタイプのピアスです。
アメリカンピアスとも呼ばれます。

キャッチがないので、キャッチをなくす心配がなく、気軽に身に付けることができます。

フックピアスは、必ずヘッド部分が垂れ下がるデザインになります。

チャームや大きなデザインのフックピアスが多いので、オシャレを楽しみたい方に人気があります。

チェーンピアス

チェーンピアス

ヘッド部分とポストをチェーンでつないでいるタイプのピアスです。
ポストとチェーンをピアスホールに通すだけで着けられるタイプのピアスです。
これもアメリカンピアスとかアメリカンチェーンピアスと呼ばれます。

キャッチがないので、キャッチをなくす心配がありません。

チェーンを垂らす長さを調整することで色々なアレンジを楽しむことができます。

例えば、スタンダードにヘッドとポストが同じぐらいの位置にしたり、ヘッドを耳たぶまで持っていきスタッドピアス風にしたりと、その日の洋服や気分に合わせてアレンジできます。

フープピアス

フープピアス

フープピアスは輪(フープ)の形をしたピアスです。
ピアスホールに通す部分は金属などのポストになっています。
フープピアスには2つのタイプがあります。

フープの直径が小さなものは上品な感じですし、直径が大きなものはファッショナブルであったりゴージャスな印象を与えたりします。

後述のスナップピアスのことをフープピアスとしているショップもあります。

ポストが可動するタイプ

フープの一部が可動式になっていて、ポストをピアスホールに通して元に戻し装着します。

耳に着けたときにスッキリしたデザインです。ピアスが外れにくい特徴があります。
慣れるまではピアスの装着が少し難しいかもしれません。

ピアス全体が広がるタイプ

フープ全体を拡げると、フープの一部が外れ、そこがポストになります。

ピアスホールに通してポストの先を元の位置に戻すだけなので、ピアスの脱着が非常に簡単に行えます。

ピアスが細いデザインは小さな力でも変形しますので、髪の毛や服に引っ掛けたりなどにはご注意が必要です。

スナップピアス

スナップピアス

フープピアスに似ていて、リング形状の本体の一部がストレートなポストになっているピアスです。

簡単にポストを留め部で固定ができます。留め部は「U字」になっていて、そこにポストを入れて、軽く「U字」の留めを指で狭めることでワンタッチでポストを固定できます。

ポストをピアスホールに通す前に、留め部を少し広げるとポストが入りやすいです。

外すときは、ポストを指で固定してピアス本体を軽く下げれば外れます。

もし硬くて外れないのであれば、「U字」の留め部を少し広げて外しましょう。

スナップピアスは、留め部がピアス本体と一体になっているので、紛失しづらいピアスです。

 

まとめ

今回は、ダイヤモンドピアスを購入するときに役立つ、ピアスの種類をお伝えしました。

やっぱり人気があるのは、スタッドピアスです。

ダイヤモンドピアスと言えばスタッドピアスを選ぶ方が多いのです。

普段使いからフォーマルな場所まで、着けていくところを選ばないのがいいですね。

フックピアスやチェーンピアスのアメリカンピアスは、簡単に着けられるしキャッチもないので忙しい朝でも素早くできます。

フープピアスやスナップピアスも商品によっては、デザインが引き立つものもあります。

ピアスと一言で言っても種類がありますので、ダイヤモンドピアスを購入するときはあれこれと悩んでしまいますが、この記事を読んだあなたはピアスの種類をマスターしたので、自分に合った好みのピアスをゲットしてください。

厳選!ダイヤモンドピアスのショップ

プラチナダイヤモンドピアス通販

ダイヤモンドピアスプラチナダイヤモンドピアスを買うならこちらのショップがオススメ。普段使いできるお求め安いダイヤピアスが多いです。鑑別書付きや即日発送できるピアスも多数あり、一粒タイプが多く揃っています。クラリティーがSIクラス以上の高品質ダイヤも選べます。スタッドピアス以外にもフックピアスやチェーンタイプも好みでセレクトできます。0.1ctから1.5ctまであるので、大切な人へのプレゼントや自分へのご褒美にも使えるプラチナダイヤモンドピアスが揃っています。

詳細はコチラ

スポンサードリンク

ダイヤモンドピアスの人気記事も併せてどうぞ

ページトップへ戻る