Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

知っておきたいペンダントトップ(ヘッド)とチャームの違い

知っておきたいペンダントトップ(ヘッド)とチャームの違い

ネットショップでネックレスを見ていると、ペンダントトップとかチャームという言葉を見たことがありませんか?

商品の画像を見れば、両方ともペンダントということは分かりますが、何が違うのでしょうか?

答えは、「ペンダントトップ」というのは、ネックレスにぶら下がっている飾りということで、「チャーム」というのは、小さめのペンダントトップということなのです。

今回は「ペンダントトップ」「チャーム」それぞれを詳しくお伝えしたいと思います。

ペンダントトップ(ペンダントヘッド)

ペンダントトップとは、ネックレス(首飾り)にぶら下がっている飾りのことです。

例えば、一粒ダイヤモンドネックレスにぶら下がっている、一粒ダイヤモンドがペンダントトップになります。

また、ダイヤモンドなどの石に限らず、大ぶりの飾りはペンダントトップといいます。

「ペンダントヘッド」と表記しているところもありますが、ペンダントトップと同じです。

また、「ヘッド」「トップ」だけしか書いていないところもありますが、これらもペンダントトップの意味になります。

ちなみに、ペンダントトップが付いた首飾りのことを「ペンダント」といいますので、「一粒ダイヤモンドネックレス」は、本当は「一粒ダイヤモンドペンダント」といいます。

でも、実際のところ、ネックレスとペンダントの区分けを曖昧にしている店舗や、ネットショップが多いようです。

チャーム

チャームとは、ブレスレットやキーホルダーなどに付けるような小さな飾りのことです。

ハートや星やクロスなどたくさんの形があります。

ネックレスでは、ワンポイント的なちょっとしたアクセントをつける、小さな飾りのことをチャームといいます。

ちなみに、小さな飾りがぶら下がっているブレスレットを「チャームブレスレット」、小さな飾りがついた指輪を「チャームリング」というようです。

ショップによっては「ペンダントトップ」のことを「チャーム」、「チャーム」のことを「ペンダントトップ」と表記しているところもありますので、商品画像でどれぐらいの大きさか確認するといいでしょう。

辞書でCharm(チャーム)を調べると、「ネックレスや腕輪などにつける小さな装飾品。」となっています。

どのくらいの大きさまで「チャーム」で、どのくらいの大きさから「ペンダントトップ」なのかまで記載されていません。

明確な「チャーム」のくくりはないので、ワンポイント的な小さな飾りが付いたアクセサリーを「チャーム」ということでいいと思います。

アクセサリーの「チャーム」は、日本でしか通じない日本語ですので、外国で「Charm」と言っても「小さな飾り」とは通じませんので気をつけてください。

もし通じたとしても、違う意味で捉えられていますのでご注意を。

 

まとめ

ペンダントトップとチャームの違いは、大きさの違いなのですね。

ショップによっては、ペンダントトップとチャームの区分けが曖昧なところもありますので、画像や商品スペックなどをじっくり確認するのがいいでしょう。

小さな飾り(チャーム)ではあるけども、ネックレスにぶら下がっている飾りなので「ペンダントトップ」と慣例的に表記しているところもあります。

ですので、チャームの付いたアクセサリーをネット検索するときは「○○ チャーム」あるいは「チャーム ○○」というキーワード検索だけでなく、「ペンダントトップ」や「ペンダントヘッド」というキーワードでも検索すると、たくさんの商品の中から好みのアクセサリーを選ぶことができます。

オススメのダイヤモンドネックレス専門店

プラチナダイヤモンドネックレス通販

ダイヤモンドネックレスダイヤモンドのペンダントヘッドが付いたプラチナダイヤモンドネックレスを販売しているネットショップです。ケース付きや鑑定書付きや鑑別書付きのプラチナダイヤネックレスや、Excellent~Goodカットの高品質で無色のダイヤも選べます。ダイヤの大きさ別、価格別に区分けされているので選びやすいです。

詳細はコチラ

スポンサードリンク

ダイヤモンドネックレスの人気記事も併せてどうぞ

ページトップへ戻る