Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

理想的なネックレスのチェーンの長さ

理想的なネックレスのチェーンの長さ

ネックレスのチェーンの長さって結構重要ですよね?
同じ長さでも体格によって変わってくるし、トップの位置も変わってきます。

特にダイヤモンドネックレスでは、主役であるダイヤモンドの位置はとっても重要なのです。
見た目の印象がずいぶんと違ってきますからね。

理想的なネックレスのチェーンの長さはどれぐらいなのかを見ていきましょう。

一般的なチェーンの長さ

ネックレスのチェーンの長さは5種類ぐらいあるようですが、よく売られているネックレスのチェーンの長さは40cm前後です。

この長さは「プリンセス」と呼ばれ、二番目に短いチェーンです。
お姫様が着けているようなことからついた名前なのですが、首元をスッキリ見せてくれるので定番的な長さと言えます。

顔の近くに貴金属やダイヤモンドの輝きが来るので、自然な感じで表情を華やかに演出してくれます。

どんな洋服や場面でもマルチに活躍することができる長さです。

40cmチェーンのダイヤモンドネックレス

画像は約40cmのチェーンを使ったダイヤモンドネックレスです。

いわゆる「プリンセス」ですが、首に少し余裕があるチェーンの長さですね。

これぐらいの長さであればちょうどいい感じです。

Tシャツと首の間に見えるダイヤモンドのトップが、程よくいい感じの位置にあります。
会社でブラウスを着ても、首元でダイヤモンドが見え隠れするぐらいの程よい感じですね。

体型によってチェーンの長さを選ぶ

首が太くて短いと気にされている方は、少し長いチェーンがいいでしょう。

首のラインに合わせてしまったり、チェーンが太くてゴツイ印象のデザインだったり、逆に極細のチェーンを選んでしまうと、首の太さや短さを際立たせてしまいます。

ネックレスは「プリンセス」より長めの45~50cmくらいのものを選ぶと、首元に余裕が出て首を長く見せてスッキリ感がでます。

首が細くて長い方は、どんな長さのチェーンでも似合います。

貧弱な感じを減らしたい方や、女性らしいラインを出したい方であれば「チョーカー」タイプの長さがいいでしょう。

首元に余裕が出るチェーンの長さだと、首が余計に長く見えます。

ですので、首のラインにチェーンを合わせることで首が長すぎない印象を与えることができます。

ちょっとした小技ですが、チェーンの長さが違うネックレスを重ねづけすることで、女性らしさを演出することができます。

アジャスターで長さを調節する

ネックレスの、チェーンの長さを短く調節できるのがアジャスターです。

アジャスター付きのチェーンであれば、少し長くても体格や服装に合わせることができます。

チェーンの長さを3cmほど短くすることができるものが多いです。

アジャスター管

 スライドアジャスター

逆にチェーンに追加するタイプのアジャスターもあります。

使っているネックレスのチェーンが少し短い場合、アジャスターを繋げることで少し長くすることができます。

注意点としては、チェーンの形をなるべく同じか似た形にしたほうがいいです。
スクリューチェーンなのに、アジャスターはあずきチェーンだと目立ってしまいます。
アジャスターは首の後ろのほうになりますが、全く違う形のアジャスターにはしないほうがいいでしょう。

 

まとめ

ネックレスのチェーンの長さで印象が変わるので、日ごろから鏡で見て、どれぐらいの長さがベストか確認しましょう。

ネックレスをお持ちでしたら、着けた姿を見てください。

いつもより少し短くしたり、首の太さや長さを見て想像してもいいでしょう。

40cmぐらいのネックレスが多く販売されているので、それと比べ合わせて購入すると失敗が防げます。

また、アジャスター付きのものも多いので、ある程度はカバーできます。

アジャスターと表記されず「アジャカン」とか「アジャ管」と書かれていることもありますので参考にしてください。

オススメのダイヤモンドネックレスショップ

プラチナダイヤモンドネックレス通販

ダイヤモンドネックレスプラチナダイヤモンドネックレスを販売しているネットショップです。大切な方へプレゼントするのに最適なケース付きのプラチナダイヤネックレスがあります。鑑定書付きや鑑別書付きのダイヤネックレスや、Excellent~Goodカットの高品質で無色のダイヤも選べます。一粒タイプのプラチナダイヤモンドネックレスが多く揃っています。大きさ別、価格別に区分けされているので選びやすいです。無料ラッピングがうれしいポイントです。

詳細はコチラ

スポンサードリンク

ダイヤモンドネックレスの人気記事も併せてどうぞ

ページトップへ戻る