Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

あなたに似合うダイヤモンドネックレスの選び方

あなたに似合うダイヤモンドネックレスの選び方

ダイヤモンドネックレスの選び方ですが、みなさんはどうやって選んでいますか?

カラット数と見た目の印象と価格で選ぶと思いますが、ファッションに欠かせないアクセサリーのダイヤモンドネックレスの選び方は、全身コーディネートということで考えると、全体のバランスで選ぶのが正解です。

せっかく購入するダイヤモンドネックレスなのですから、あとから後悔しない選び方をして賢くダイヤモンドネックレスを選びたいものです。

今回は、ダイヤモンドネックレスの選び方のポイントと、オススメのタイプを紹介していこうと思います。

この記事の目次

ダイヤモンドネックレスの選び方

ダイヤモンドネックレスは、ペンダントトップのダイヤモンドと、チェーンがキラキラと輝いているので、それだけで心が奪われてしまいます。
ほどよい価格であれば、すぐさま購入してしまうと思います。

でもちょっと待ってください。
ダイヤモンドネックレスを買うときは、あくまでもオシャレアイテムのひとつと考え、自分(あるいは彼女や奥さま)に似合うかどうかを第一に考えましょう。

顔型や体型による選び方

ダイヤモンドネックレスの選び方ですが、オシャレアイテムのひとつですので、洋服を選ぶときと同じく体型や顔型も考慮しながら選ぶのが正解です。

顔型で似合うデザインの選び方

卵形の顔型の場合

卵形(楕円形)の顔の特徴は、顎が少し細くなっていて、頬は曲線、額は少し広めです。

卵型(楕円形)の顔型は、アクセサリーを着けるのに理想とされている形で、どのようなネックレスも似合います。

一粒ダイヤやスリーストーン、フラワーモチーフなど、あらゆるデザインのダイヤモンドネックレスが似合います。

種類が多すぎるので、逆に迷ってしまうかもしれません。

 

丸顔の顔型の場合

丸顔の特徴は、顔の縦の長さと横の長さがだいたい同じです。

丸顔は顔を長く見せたほうが、理想形の卵形のようになりますので、縦長のネックレスを着けることで、縦長効果がでて丸顔をカバーできます。

チェーンの長さは、プリンセスタイプかそれ以上の長さでもいいでしょう。
イメージ的には、首に少し余裕があるチェーンの長さです。

ダイヤモンドは一粒タイプでもいいですが、スリーストーンタイプで縦を強調するとベストです。

 

四角い形の顔型の場合

四角い顔の特徴は、顎のエラが目立っています。

顔を長く見せたほうが、理想形の卵形のようになりますので、縦長のネックレスを着けることで、四角い顔をカバーできます。

また、エラに目が行かないようなダイヤネックレスがいいと思います。

ペンダント部分は、少し大きめのデザインにすることで、胸元に目が行きやすくなります。

一粒ダイヤであれば、バチカン部分が大きめのデザインや、フクリン留めでもいいでしょう。
大きさの出やすいパヴェタイプやスリーストーンもオススメです。

 

面長の顔型の場合

面長の顔型の特徴は、顔が縦に長いことです。

理想形の卵形に近づけるには、横長に見せるといいでしょう。

チェーンの長さはチョーカータイプで横長効果を出します。
首にピッタリと付いているタイプですので、横線を作り出すことができます。

ダイヤモンドは横に一直線に並んだ、ラインペンダントがいいでしょう。
一粒ダイヤでは小さめのダイヤを選びましょう。

 

逆三角形の顔型の場合

最近の女性は逆三角形の顔型が多いです。
理想形の卵形に近づけるには面長の顔型と同じく横長に見せるといいでしょう。

チョーカータイプのチェーンで横長効果を出して、ダイヤモンドはラインタイプがいいでしょう。

あえて一粒ダイヤを選んでアクセントをつけてもいいでしょう。

 

体型で似合うデザインの選び方

首が短い、あるいは太い場合

首が短い方や太い方は、首を長く見せる効果を狙うといいでしょう。

チェーンの長さは、プリンセスタイプで首とペンダントの間に隙間を作り、縦長効果を出して首周りをすっきり見せます。

もし、プリンセスタイプで首周りに余裕がなく、縦長効果を出せないのであれば、アジャスターで調整して首とペンダントの間に隙間を作りましょう。

ダイヤモンドは、スリーストーンタイプで縦長を強調するといいでしょう。

 

首が長い、あるいは細い場合

首が長い方や細い方は、首を短く見せる効果を狙います。

チェーンはチョーカータイプで首にフィットさせ、ダイヤモンドはラインタイプがオススメ。

ペンダントは、大ぶりなほうが細さをカバーできます。

ただ、首が長くて細いのであれば、あえて強調してみてもいいかもです。
首が長くて細いモデルさんに憧れているのであれば、トライしてみてください。

ここは、標準的なプリンセスタイプか長めのプリンセスタイプで、一粒ダイヤやフラワーモチーフダイヤなどで、縦長効果を出してみてもいいでしょう。

 

小柄な体型の場合

小柄な体型の方は、体の小ささをカバーするために、短めで小さなネックレスを選びましょう。

大ぶりなペンダントでは、かえって体の小ささを強調してしまいます。

チェーンの長さは、チョーカータイプかプリンセスタイプにして、ダイヤモンドは小さめの一粒タイプでカワイらしく仕上げましょう。

 

ぽっちゃりな体型の場合

ぽっちゃりな体型の方は、体のぽっちゃりをカバーするために、少し長めのチェーンで大ぶりなペンダントを選びましょう。

チェーンは、よく見るスクリュータイプやベネチアンチェーンなどにします。
太い喜平チェーンなどは、かえって体のぽっちゃり感を強調してしまいますのでご注意を。

チェーンの長さは、長めのプリンセスタイプ以上にして、ダイヤモンドはフラワーモチーフやパヴェセッティングでもいいでしょう。

 

長身な体型の場合

長身な体型の方は、どんなネックレスを着けてもよく似合います。

チェーンの長さは、チョーカーでもロングでもいいですし、ペンダントは小ぶりでも大ぶりでも大丈夫です。

 

年代別カラット数の選び方

ダイヤモンドのカラット数の選び方は、年代によって違ってきます。
年齢にピッタリ合うカラット数を選ぶことで、オシャレ度が増しますので、しっかりとチェックしましょう。

もうすぐ20代

もうすぐ20代の18歳19歳では、大学入学や新社会人になる年齢です。
大学入学祝いや就職祝いということで考えてみると、ほどよい大きさの0.2ctぐらいがいいでしょう。

デザインは、あずきチェーンの一粒ダイヤをオススメします。
なんといっても、シンプルでオーソドックスなデザインなので、飽きが来なく永く使えます。

特別な時にも、普段使いにも使えるので喜ばれます。

販売価格も1万円ぐらいから4万円ぐらいですので、お手ごろ感もあります。

もうすぐ20代のダイヤモンドネックレス

もうすぐ20代の女性に → 0.2ctのダイヤモンドネックレス商品一覧

 

20代

二十歳のお祝い、大学卒業祝い、就職祝いなどの年頃です。
大人になった女性へのプレゼントには0.3ctぐらいのダイヤモンドがいいでしょう。

0.3ctというと、婚約指輪にも使われる大きさのダイヤモンドです。

価格は、婚約指輪のダイヤモンドより大幅にお手ごろな価格で、2万円後半ぐらいからありますので、お祝いにはちょうどいいのではないでしょうか。

デザインは、スクリューチェーンや喜平チェーンのきらびやかなのがオススメ。

一粒ダイヤや大きく見えるフクリンでもオシャレです。

20代のダイヤモンドネックレス

20代の女性に → 0.3ctのダイヤモンドネックレス商品一覧

 

20代中盤から30代前半

20代中盤ぐらいから、ダイヤモンドネックレスを自分で購入する方が多いようです。
男性からアクセサリーをプレゼントするときも、ダイヤモンドネックレスを選ぶ方が多いです。

20代中盤から30代の方には、0.5ctぐらいのダイヤモンドが似合います。

一粒ダイヤ、スリーストーン、ラインタイプなどがいいでしょう。

バチカン部分が、さりげなくオシャレなデザインのペンダントもいいですね。

チェーンは、落ち着いた大人の雰囲気のベネチアンチェーンや、繊細で華やかな雰囲気のスクリューチェーンがオススメです。

20代中盤から30代前半のダイヤモンドネックレス

20代中盤から30代前半の女性に → 0.5ctのダイヤモンドネックレス商品一覧

 

30代中盤以降

本物を知っている年齢ですので、自分へのご褒美には大粒のダイヤモンドを選ぶ方が多いようです。
また、男性からプレゼントするときに、ダイヤモンドネックレスを選ばれる方が多いです。

特別な時に着けていくようなダイヤモンドがいいでしょう。

カラット数は0.5ct以上の大粒がオススメです。
欲を言えば、透明度が高くカットが優れているダイヤモンドを選ぶといいでしょう。

鑑定書や鑑別書が付いていれば最高です。

チェーンは、ベネチアンやスクリューがいいですね。

30代中盤以降のダイヤモンドネックレス

0.6ct~0.9ctのダイヤモンドネックレス商品一覧

1ct以上のダイヤモンドネックレス商品一覧

 

まとめ

ダイヤモンドネックレスを購入するときは、気に入ったものがいいのですが、身に着ける本人に似合うほうがもっといいです。

洋服を選ぶときのように、顔の形や体型や年齢も考えて、ダイヤモンドネックレスを選ぶと、愛着も沸きますし永く使えます。

それに、周りからはオシャレ女子と評判になります。

このページの「あなたに似合うダイヤモンドネックレスの選び方」をご覧になったあなたは、迷うことなくお似合いのダイヤモンドネックレスを見つけることができるでしょう。

もし迷ってしまったら、一粒ダイヤモンドのオーソドックスなネックレスにしましょう。

どんな方でも似合いますし、何年経っても見劣りしません。

スポンサードリンク

ダイヤモンドネックレスの人気記事も併せてどうぞ

ページトップへ戻る