Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

イエローダイヤモンドの価値

イエローダイヤモンドのススメ

最近よく見るようになったイエローダイヤモンド。
イエローダイヤモンドは、見た目がイエローなのでとても魅力的ですね。

ダイヤモンドがイエローにキラキラ輝くので、人気が出てきています。

一昔前では、黄色いダイヤモンドは価値がないとされていましたが、ファンシーイエローダイヤモンドが評価されたことで、イエローダイヤモンドに人気が出てきました。

通常、鑑定書のカラーグレードでは黄色味が入ったダイヤモンドは低い評価になってしまいますが、黄色の濃いイエローダイヤモンドはイエローカラー用の別グレードでちゃんと評価されるのです。

黄色味が鮮やかで濃くなるほど、評価が高くなり価値が高くなります。

ファンシーイエローダイヤモンド

鑑定書によるカラー(Color)は、【ダイヤモンドの4Cとは?】でもお伝えしたように、D~Zまであります。

Kカラーあたりから、黄色味が入ってきて、Zカラーではだいぶ黄色になります。

そのZカラーよりも更に黄色味が濃いイエローダイヤモンドは、「ファンシーイエローダイヤモンド」として評価されるのです。

一昔前では、黄色いダイヤモンドは価値がないとされていましたが、最近では採掘される量が少ないので希少とされ、また、鮮やかなイエローダイヤモンドは無色のDカラーダイヤモンドに勝るとも劣らないという美しさを認められ、ファンシーイエローダイヤモンドという呼び方で評価され、非常に価値が高くなってきているのです。

イエローダイヤモンドのカラー表示

一番無色に近い「Faint Yellow」、ほんのり黄色味の入った「Very Light Yellow」、薄い黄色の入った「Light Yellow」、というカラー評価があります。

イエローダイヤモンドに関しては、この3つは鑑定書のカラーでいうところのK~Zカラーに入りますので、通常のダイヤモンドになります。

Fancy(ファンシー)が付く「Fancy Light Yellow」「Fancy Yellow」「Fancy Intense Yellow」「Fancy Vivid Yellow」というようにLightからVividに行くほど黄色味が強く鮮やかになっていくのです。

「Fancy Intense」(ファンシー・インテンス)や「Fancy Vivid」(ファンシー・ビビッド)ぐらい黄色味が濃ければ、数千万という価値がつくこともあるとても高価なファンシーイエローダイヤモンドになります。

宝石の販売店では、通常のダイヤモンドのカラーK~Zをイエローダイヤモンドと言っているところもあります。

間違いではないのですが、このページを読んだあなたは、イエローダイヤモンドの知識が人よりは豊富ですので、ファンシーカラーかどうかを確認しましょうね。

詳しいお店だったら、「Light Yellowです」という返事が返ってくると思います。

もし「Fancy ○○ Yellow です」と「Fancy」が入っていれば、通常のダイヤモンドのZカラーよりも黄色味が濃くて鮮やかなダイヤモンドが期待できますよ。

「Fancy Dark Yellow」「Fancy Deep Yellow」という、少し暗めのファンシーイエローダイヤモンドもありますが、鮮やかでキレイな黄色の「Fancy Intense」や「Fancy Vivid」のほうが人気があります。

イエローダイヤモンドは、人それぞれ好みがありますので、黄色味が濃ければいいとか、黄色味が薄ければダメということではありません。

あなたが、このイエローの感じがいい!というイエローダイヤモンドを見つけたらすぐにでも購入したほうがいいです。

というのも、イエローダイヤモンドは希少ですので、あなた好みの色彩のダイヤモンドが見つかれば奇跡(ちょっと言いすぎですが)なのです。

イエローダイヤモンドはなぜできる?

ダイヤモンドに色が付くメカニズムは、完全には証明されていなく不明な部分が多いのですが、わかっているのは、放射線の影響とダイヤモンドの製造時に不純物が混ざってそれが影響しているということです。

私たち人間は物を見たときに、物の色がわかりますが、その色は光の反射によって見えます。

例えば、赤色のペンは、赤以外の色を吸収して赤色を反射させているので、人間の目には赤色に見えるのです。

イエローダイヤモンドも同じことが言えます。
ダイヤモンドの中の不純物(窒素)が色を吸収して黄色を反射させているので、私たちにはダイヤモンドが黄色に見えるのですね。

 

まとめ

イエローダイヤモンドは、黄色が鮮やかであるほど高評価なダイヤモンドです。

その中でもファンシーイエローダイヤモンドは希少なので高額になります。

ルース(裸石)のイエローダイヤモンド11ctが数千万円という買取金額もありますので、店頭販売価格ではその数倍、いや、億に届くのではないでしょうか。

鮮やかなイエローダイヤモンドは評価が高くなり、価値が高くなります。

「Fancy Intense Yellow」や「Fancy Vivid Yellow」はとても鮮やかな黄色です。
ファンシーイエローダイヤモンドは、採掘量が少ないのでとても貴重なダイヤモンドです。

イエローダイヤモンドに関しては、鑑定書のカラーでK~Zに相当するダイヤモンドがあります。

「Faint Yellow」(フェイント・イエロー)、「Very Light Yellow」(ベリー・ライト・イエロー)、「Light Yellow」(ライト・イエロー)というカラーがそうです。

カラーダイヤモンドは、色彩の好みがありますので、Fancyが付いているからいいとか悪いとかのものではなく、あなたがこの感じのイエローがいいと思えるダイヤモンドがいいのではないでしょうか。

選んだダイヤモンドが結果的にFancyが付いていれば、それはそれでいいですし、例えFancyが付いていなくても、好みのイエロー感であれば大満足なイエローダイヤモンドになるのです。

厳選!イエローダイヤのアクセサリーショップ

イエローダイヤモンドネックレス

イエローダイヤモンドネックレスイエローダイヤモンドのダイヤモンドネックレスを販売しているネットショップです。そのほかにも鑑定書付きや鑑別書付きのダイヤネックレスもあります。Excellent~Goodカットの高品質で無色のダイヤも選べます。一粒タイプのプラチナダイヤモンドネックレスが多く揃っています。
イエローイエローダイヤネックレス
K・L・M(僅かな黄色)カラーK・L・Mカラーダイヤネックレス

スポンサードリンク

ダイヤモンドの人気記事も併せてどうぞ

ページトップへ戻る